新規メンバー登録
あなたのEメールにパスワードが送られます。

Our Style 

[Our Style]では、インタビュー形式で、ゲストの”視点”や”背景”にフォーカスを当てていきます。

「fashion + Backbone = Our Style」


▲GUEST PROFILE

11147026_464891870327167_723799797190406335_n

Junko Ginoza  『jii』代表/ファッションデザイナー

http://jii.ti-da.net/

わくわくするような普段着を『jii』 

着てると 楽しいことがおこりそうな気がする・・そんなわくわくする着心地のいい普段着をひとつひとつ手作りしています。


△『jii』代表/デザイナーとして、現在に至るまでのお話をお聞かせください。

一度、服飾とは違うお仕事をしていたんですけど、退職して休憩していた時期があって。

その時に、これからのことを考える時間ができたおかげで、服飾デザイナーの道へ進むことを決めました。

その後は、主人に支えられながら、服飾の学校へ半年通いました。

ですが、卒業後に就職活動を再度始めると、だんだん「服飾」の道から外れていきそうになって。

そのときに、また自分を見つめ直して、「自分で服飾のお仕事をやれば良いんだ」ということで、『jii』としての活動を始めました。

元々、お洋服づくりが好きだったんですけど、学校へ通う前は知識がなかったので、制作の幅に限界がありました。

今もお勉強をしながらの制作をしていますが、昔に比べて制作の幅は大きく広がりました。

△『jii』を始める前の制作工程は?

そのころは、リメイクや装飾がメインでした。

でも、そのころの経験も、今に繋がっています。

失敗が意外に成功だったりするので。

もちろん、現在も制作していく中で、パターンが広がったりすることも多いんですよ。

000187870005

△『jii』のデザインには、「素材へのこだわり」だけでなく、「着る喜び」「着る人への想い」など様々な印象を感じます。ご自身の、デザインに対する考え方や、こだわりを教えてください。

ある程度の人が着られるように、お洋服のサイズは『フリー』で制作しています。

緩みのある着心地を意識して、どなたでも気軽に着られるように。

あと、柔らかいニット地を主に使用して、着用する人に合ったラインが自然に仕上がる様な質感を大事にしています。

一点ものなので、パターンは作らず、その人の体系にお洋服が馴染んでいくように。

そして、出来るだけ、大勢の方がセレクトしやすいように。

△そういうデザイン感ってどういった経験や過去から繋がっていますか?

私がお洋服を選ぶときに

「デザインが可愛いけどサイズが合わない」

「サイズは合うんだけどデザインがシックリこない」

って思うことがあって。

その思いから、今に繋がっています。

なので、一着に対する可能性を広げて、人とお洋服の『出会い』を意識しています。

△今回のコラボ企画「 j i i × keao 」のお話をコンセプト等含めてお聞かせください。

まず、keao(キャオ)さんとの出会いは、私の知人の奥さんで、5年前ぐらいに知人が結婚したタイミングで、奥さんを紹介してもらったのが最初でした。

その時に、「絵を描いている」というのを聞いて。

すぐに、彼女のブログを拝見して、彼女の作品に魅了されました。

私は、彼女の絵がとても好きで、作品によっていろいろな表情があるんですよ。

表情一つ一つに、心を動かされる力があって。

また、ジャンルに縛られていない所も、とても素敵です。

そこから、keao(キャオ)さんとだんだん仲良くなっていくうちに、「一緒に何かやろう」って話になって、今回のコラボ企画を開くことになりました。

『keao』が描くGirls達と、『jii』のお洋服が、どのように混ざり合うかを、見る人の感じ方で、楽しんでもらえればと思います。

※作品展の詳細は下記にて記載しております。

△日常の中で、インスピレーションの源をとなっている場所やシーンなどありますか?

色々な場所やシーンにあります。

歩いているとき、車を運転しているとき、誰かと喋っているとき、TVを見ているとき、ラジオから流れてくる曲だったり。

ふいに「ポッ」と出てきたり。

色々なところに、そのキッカケがあります。

そういう点では、『沖縄』はとても良い場所ですね。

生まれ育った場所でもあり、自然に恵まれている場所なので。

なので、自然からインスピレーションをもらうこともあります。

たとえば、普通は合わせにくい色合いを、鳥や草木はナチュラルに身に着けていて–

その配色感は、とても勉強になりますね。

000187860018

△現在『jii』を取り扱っているお店・場所は?

月に1回、パン屋さんでのおでかけ販売「1day market 」というイベントで出展しています。

あと、取り扱っている店舗さんは、『cafe monoca』さん、『Daisy』さんのあしびなー店にアクセサリーをメインに、お洋服も置いています。

△今後の『jii』の展開、思い描く未来象をお聞かせください。

常に明確なものはないですけど、すごい遠くには『ミラノにいきたい』って考えています。

ミラノがどういう場所なのかは分からないところも多いですけど、でも未来像にはずっとあります。

ミラノは、多くのブランド発祥地でもあるんですけど、現地の方ってブランドよりも「誰とも被らない・人と違うのが良い」という視点でお洋服を選んでいる、って話を聞いたことがあって。

そこにも、魅力を感じています。

いつかミラノで、『jii』の一点物のお洋服を提案したら、どんな反応をしてくれるのか見てみたいです。

あとは、とにかく続けていく。

いっぱい『お洋服』を作って、色々な素材をたくさん触って。

でも、今回のコラボ企画「 j i i × keao 」のように、色々なこともやりたいです。

たまには、『お洋服』という枠を外れてみるのも良いかな、って思っています。

―――――――――――――――――――――

【info】

Fotor_14350316

「 j i i × keao 」

開催日/2015/7/7(火)~ 2015/7/31(金)

場所/cafe monoca

keao/http://keao-blog.tumblr.com

cafe monocahttp://monoca.ti-da.net

営業時間/11:00~23:00(L.O.22:00) ※第2・4日曜日は 11:00~17:00(L.O.16:00)

定休日/月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

住所/北中城村安谷屋971 #1701

tel/098-935-4117

―――――――――――――――――――――

   000187870011

=Our Style.