新規メンバー登録
あなたのEメールにパスワードが送られます。

Our Style

[Our Style]では、インタビュー形式で、ゲストの”視点”や”背景”にフォーカスを当てていきます。

「fashion + Backbone = Our Style」


▲GUEST BRAND PROFILE

0-nunomonoworks
ヌノモノワークス

 

着心地のいい日常着の制作をしています。

 


 

△ヌノモノワークスの現在に至るまでのお話をお聞かせください。

 

全てのタイミングが良かったのだと思います。
きっかけは、現在のパートナーの、縫製とパターンを担当している比嘉さんとの出会いでした。

 

これまで動きやすさと肌触りを重視して服を選んできましたが、どうしても既製品では叶わない部分があって。(身長が高く規格サイズではどこか合わなかったり、コスト面でオーバーしてしまっていたり)
ならば仕立ててもらおうと、比嘉さんを紹介してもらいました。
すると私の少ないボキャブラリーや謎の絵からパターン(製図)を希望通りに起こしてくれる方で。
仕上がったらやっぱり着心地も良くって。どんどん作りたい服が出てきて。

丁度比嘉さんも求職中だったという事もあり、そのまま当時働いていた会社を辞め、自然な流れで今に至ります。

 

△制作・デザインに対する考え方や、こだわりを教えてください。

 

とにかく着心地重視です。

肌触りがいい事、楽で、締め付けない事。
沖縄の気候に適している素材とデザインを考えています。

 

あとは洗濯方法が楽な事。
仕事や子育てで忙しい方でも手にとってもらえるよう、洗濯機で回せる素材を選んでいます。

 

また妊娠中にも着れる服、授乳がしやすい服など、女性のライフスタイルを視野に入れて制作しています。

 

2-nunomonoworks

 

△影響を受けたヒト・コト・モノはどんなものですか?

 

大きなくくりで言うと、『作り出す人達』です。
服、食、建築、工芸、空間、全てそうですが、自分の作品と向き合い、産み出していくエネルギーはいつだって目が離せなくて、そこから影響があったと思います。
幸い、私の周りには素敵な作品を作り出す人達がいます。毎日何かしら刺激をもらえていると思います。

 

△日常の中で、インスピレーションの源をとなっている場所やシーンなどありますか?

 

あまり気に留めた事はなかったですけど、自然の中で過ごす時間も、家の中で過ごす時間も、人と会って会話する時間も、全てそういう源に繋がっていそうですね。

 

△現在、ヌノモノワークスを取り扱っているお店・場所は?

 

普段から取り扱いがあるお店は“ アトリエ和毛 ”(宮古島)です。

展示会は不定期ですが、lampで開催しています。

 

3-nunomonoworks

 

△最近お気に入りの作品(音楽・本・映画・芸術等)はありますか?

 

大学の時、彫刻を専攻していたのですが、その時はUrsula von Rydingsvard
にやたら憧れ影響を受けていました。

 

心に残っている展示は、ちょっと前なのですがネイチャーセンス展(森美術館)です。自然を表現したインスタレーションで、吉岡徳仁の“ スノー ”のハガキは部屋に飾っています。
あと最近、何年か前に金沢の21世紀美術館で観た横尾忠則のY字路をいきなり思い出して発奮し、画集を買いました。

音楽は、今も昔も変わらず好きなのは松任谷由実です。

 

△今後のヌノモノワークスの展開、思い描く未来象をお聞かせください。

 

日常に寄り添う、シンプルで手にとりやすい服を作れたらと思います。
素朴で、楽で、思わずその服ばかり手を伸ばしてると色あせてクタクタに柔らかくなっていって、もっと身体に馴染んでいく。そんな服を作ろうと思います。

 

今年は、ずっと延ばしっぱなしにしていたリネンのウェディングドレスの試着相談会などが出来たらいいなと思っています。

 

4-nunomonoworks5-nunomonoworks
6-nunomonoworks7-nunomonoworks

@宗像堂

=Our Style.